にゃんたはうす猫百科
nyantahouse 猫のからだ
■猫のからだの大きさ

これを示す基準に
体重のほか、体長体高があります。

猫の方のところから足先までを体高といい

胸の前からお尻の先までを体長といいます。

大きい猫(メインクーンが最大だといわれています)

猫の中でも 体重は7〜8Kg、 体長は、50センチ以上の猫もいます。



体の中を覗いてみると

にゃんたのからだで申し訳けございませんが^^;


簡単にご説明いたします。猫のおなかの中の臓器です。


哺乳類ですから内臓の機能は人間とほとんど変りません
こっち
各部の名称とご説明

猫の各部分にもこのように名前があります。

モデルはみいなっち宅のジジ君。
 
猫の目

(きらりと光る猫の目・・・・どんな秘密があるんでしょ??)
猫はど近眼!
MODEL:みよちゃん
■光る目

猫の目をよく観察すると、昼間の猫の目は、

瞳孔がタテに細くなってますね。

ちょっと怖い感じですが^^;。

逆に夜の猫の目は、

黒い目の部分がまんまるになって

かわいい目になります。

猫の目は夜のほうが実力を発揮するのですね。

なぜ、夜には猫の目が輝くのか。

やはりそれは本来夜光性であるということと・・・・・

この目のしくみにひみつがあるのですね。

発達した角膜と湾曲した水晶体・・・・

そして眼底にあるタペータムという反射板。

このタペータムという反射板は

目に入ってくる光を2倍の明るさにして反射し、

視神経を興奮させるので、

猫はわずかな光でも物を見ることが

できるわけなのです。

しかし、まったくのくらやみでは、物は見えないそうです。

だから、暗いところでも小さな虫とか動くものを

見つけると走り出す・・・・あれはちゃんと見えてるんですね。^^;



■猫の目 断面をみる

へたっぴな絵ですが、わかるかしら?

これは猫の目の断面図のつもり。

猫の視力ってどのくらいかご存知ですか??

実はど近眼なのです。

視力は人間の10分の1くらい。

しかし動くものには、すごく敏感なのです。



そうですっあのすばやい猫じゃらし扱いは

動態視力は抜群
なのです。

■猫から見た世界

猫は人間と同じくらい、立体的に物をみることもできて、

色の識別もわずかですが、区別ができるそうですよ。
■猫の耳
猫の耳の不思議

猫って、どちらかというと・・・・

女性が飼っているイメージですよね。

それに猫の耳は、

なぜか

女性の高い声の方


男性の低い声より反応がいいのです。

そのひみつは???


耳の構造にあります
猫の耳の構造

外耳
(図では耳翼あたり)は、音を集めるための、

耳翼と鼓膜までのとおり道と音波を受けるための鼓膜からなっています。

猫の耳は人の耳と違い、
L字型に湾曲しているため、

直接鼓膜を見ることができません。

高音に敏感な猫の耳

耳を後ろ向きにしてるのを見たことはありませんか?

猫の耳は360度の物音を敏感にキャッチします。

その上、人間に聞こえるのは、10000ヘルツ〜20000ヘルツ。

猫の耳は50000ヘルツもの超音波まで聞き分けられます。

もっとすごいのは、音のした物体と自分の距離まで測ることができること。

これは、獲物を捕っていた時代には役にたっていた機能ですがね。^^;

今の猫には役にたっているんでしょうか?

ちょっと疑問なんですが・・・・(うちの猫を見てるとですけど^^)

高音に敏感!だから女性の高い声・・・それによく反応するのですね。

各部の説明のトップへ
■猫の鼻
猫の鼻の役目

犬ほどではないのですが、猫の嗅覚は、

やはり人間よりもすぐれていますね。それは納得。


ご飯だって、においでまず判断するんです。

その上、すごいのはにおうことで、

その物の温度までわかっちゃうんですね。

猫舌って言うくらいだから、熱いものはにおいで

わかっちゃうから安全なのですね。

だから人間のように「熱っ」なんて・・


舌をやけどすることは

まずありえない
のです。
おなじみにゃんたは、鼻くそ猫なのだ・・・。

■猫の鼻いつもぬれてますか?

いつも濡れてる鼻=健康な証拠

この他にも猫が鼻で判断することのできるのは、


★よその猫の体臭や尿を嗅ぎ分けること

★テリトリーの判断

★プロポーズする(メスの特有のにおい)



などなど・・・

■猫の口
モデルはだいず^^
■猫の口の中

ごらんいただいたら、わかるように

鋭い歯、
ぎざぎざの歯、


これは肉食であるという証明ですね。

成猫の歯は、
上下あわせて30本の歯が生えています。

生後1年間のあいだに、

乳歯から永久歯へと生え変わります。

(人間と一緒ですね。)

でも
歯の役割は、人間とは違います

鋭い犬歯(要するにキバです)は、

獲物にとどめをさすために使います。

小さくてかわいらしい
前歯(門歯)は、

獲物の毛や羽をそぎ

むしりとるためのものです。

奥の臼歯は、

肉を切り裂くために

表面はぎざぎざしてます。

肉食のために作られた歯でございますね。
これがざらざら・・・・
■猫のべろ(舌)

猫になめられると
ざらざら・・・・

時には痛くかんじることもありますよね。

猫の舌は意外に長くて、しかもざらざらしてます。

この
ざらざらしたのは、

乳状突起といいまして、

食事の時は、骨から肉を剥ぎ取る役割をします。

舌をスプーン代わりに水も飲みます。

また、このざらざらは、

グルーミングの時のくしの役割をします。


しかし、
味覚は舌の先端の部分だけ

感じることができます。

あとの部分は鈍感です。

なので、
お薬などを飲ませる時には、舌の奥に

入れてあげると素直に飲み込んでくれます。

味はにおいで判断してます。

また、この乳状突起は

舌の奥にむかってとがってますので、

猫は舌の半分まで物(糸や毛など)が入ってしまうと

飲み込んでしまうのです。

     
各部の説明のトップへ
■猫のしっぽ
しっぽの種類
長毛種のしっぽは

だいたいこんな感じですよね。
オリエンタル系の細身の猫さんは

シュッと細長いしっぽをしてます。

まるで、ムチのような。

ちょこんとついてるか

ついてないのか

わからないほどのしっぽ。

この種類は

やはり親もしっぽがないものです。

ボブティルといって

しっぽがないのが特徴の猫もいます。
■しっぽ(尾)の役割

猫のしっぽ・・・これは、とても
敏感で大切な器官なのです。

からだのバランスをとる役割を主にします。

大事なのは猫のしっぽには表情があるということ。

しっぽを振ってる猫さんは、機嫌が悪いのです。

これは、犬とまったくの正反対ですよね。

しっぽを振ってるから機嫌がいいと思わないでね。ひっかかれますよ。


猫は
しっぽで感情を表すのです。

しっぽをピンと立てる→親しい猫や人へのご挨拶、ごはんの要求など(こうして擦寄って来ますよね。)

大きくぶわっとふくらんでたってる→警戒のサイン、侵入者への抗議。

ぶんぶんと振る→そ〜と〜怒ってますのサイン。(要注意!!)
■猫のひげ
■猫のレーダー

猫のひげはレーダーです。

なんと

風向きや気圧の変化も

わかります。


そのおかげで

直接さわらなくても、

その対象物の大きさが

わかるのです。


狭いところをすっと通れるのは、

このレーダーの範囲だからです。
ジジくん
ちびこちゃん めろんちゃん
ボクちゃん
よく見てください

そうです。
猫のひげの生えている箇所は

鼻の横
目の上
あご
ほっぺた


の4箇所に生えているのです。
■猫のひげは大事です

ひげそのものには神経はありません。切っても痛くはありません。

が・・・・・・・しかし、根元には
神経が集中しています。

ひげは液体のいっぱい詰まったふくろの中に浮いているようなしくみになっています。

けっして切るなど・・・・そんないたずらはやめてください。バランス感覚も失います。

ひげ=触毛

ひげは年をとると次第に切れて短くなったり抜けたりしてきます。

だからあまり動かなくなるのかもしれませんね。
■猫の肉球
猫の足 肉球
あしのうらにある豆のような
肉球はうしろあしに4つの肉球と大きな掌肉球


まえあし(↑写真)にも4つの肉球と大きな掌肉球と手根骨があります。

この
肉球から猫は唯一汗を出します

肉球を覆っている分厚い皮膚は、きめが粗く
1.2mmの厚さがあります。

頑丈にできているから、でこぼこ道でも、すべりやすりところでも、

足の裏を傷めないのです。

また、この分厚いクッションのおかげで、

猫は音をたてずに
そぉっと歩くことができます。
http://nyantahouse.com